夢vs現実

いろんなことが
ありすぎて、
心身共にアップダウンが
激しい昨今。
ギッリギリ。
なのに。
ついつい
ブッチギリ。
年末からの咳が
まだおさまらないが、
幸い他に症状がないので
何とかダマシダマシ
やっている。


月曜(祝日)は
従弟の四十九日。
通夜と告別式で号泣したから、
もう涙は枯れたと
思っていたが、
納骨の際はやっぱり
泣けてしまった。


集まった親類縁者の
中では今回、
不肖キツネが最年少。
伯母叔父叔母従姉たちに囲まれ、
ひととき
幼い「ケイコちゃん」に
子供返りした。
追悼の席ではあるのだが、
ほんのり甘やかな幸せ。


当日はちょうど
成人の日で、
晴れ着姿の女性を
いっぱい見かけた。
やっぱ。
茶髪に和装は
おかしいわ。
とだけ言っておく。


イギリスの
迷走っぷりに関しては
「ほれ見たことか」
としか言いようがない。
そもそも。
国の命運をかける決断を
国民投票で行うなんざ、
衆愚政治以外の
ナニモノでもなかろう。


しかも。
アタマは
醜悪無能なレイムダック
内相時代から、
おぞましい存在と
感じていたあの女を
首相に選んだ時点で
イギリスは終わっていた。
と。
自称・霊格チェッカーの
これなる古ギツネ、
ただただ あきれて
首を振るばかりでございます。


稀勢の里
大関のまんまだったら、
まだまだやれたかも
しれないのにね。
残念。
無念。
でも仕方ない。


明日の午後は
昼飯抜きで
肝臓のCTスキャン
たぶん大丈夫とは思うが、
フッと
ここらで人生シメでも
悪くねえかも、
などとチラッと
弱気になったりもする。
ここんとこ。
連夜、
夢の内容が濃すぎて、
現実よりもアッチの
世界に手招きされてる感
アリアリだもんで。
結果は25日(金)。
ともかく。
行ってきまうす。

こびりつく記憶

生まれてから
小学校を卒業するまで
住んでいた家の夢を
いまだに繰り返し見る。
その後ずーっと
住んでいる
この家はめったに
夢に出てこないから、
赤子の頃より思春期前、
多感な時代の情景が
深く焼きついているのだろう。
まるでストーカーのごとく
脳内にこびりつき、
つきまとう記憶。


えてして金縛りを
伴うのが困りモノじゃ。
昨夜から今朝にかけては
実に3回。
やむを得ず、
盟友ソラ君
(安定剤Solanax)を
その都度服用したせいで、
頭ぼんやり
足元フラフラ。


金縛りには前触れがある。
まず。
ゾワゾワと背後から
寒気が忍び寄る。
普段は聞こえない
金属音っぽいものが
耳の奥に鳴り響く。
「来やがったな」
と思った瞬間、
ナニモノかの重量が
ズズーンと体に
のしかかっている。


現象としては
REM睡眠時、
体は熟睡してんのに
頭はハンパに覚醒してる際に
起きると理屈では
わかっちゃいるけどな。
十代っから何百回と
経験してるが、
イヤなもんよ。
意識はあるのに
動けない、
声も出ない、
ってぇのは。


たぶん。
あの金属音が
発生する時点で
精神の置きドコロが
アッチとコッチのハザマに
陥っちゃうんじゃないかと。
いわゆる変性意識状態。
Another state of mind とか
Altered states ってヤツだ。
不肖キツネは経験ないが、
人によっては、
幽体離脱したりね。
明日は若くして
亡くなった従弟の
四十九日に参列します。

ト・ン・ガ・レ

昨夕は
思い立って映画館へ。
お目当ては御年77歳、
喜寿にして現役バリバリ、
英国を代表するデザイナー、
ヴィヴィアン・ウエストウッド
ドキュメンタリーである。
http://westwood-movie.jp
彼女なくして
セックス・ピストルズ
アダム&ジ・アンツも
この世に生まれなかった。
まさにパンクの女王、
ゴッドマザー。
見てて元気になるし、
古い映像も
ふんだんにあしらわれ、
懐かしく楽しいのだが、
グリーンピースと組んで
環境問題に深入りする姿には
正直、鼻白む。


スティングにしろ、
ボノにしろ、
ボブ・ゲルドフにしろ、
どうして地位と名声を
得ると「活動家」に
なっちまうんだ。
善人ヅラしやがって。
不良の原点をすっかり
忘れやがって。
ぜんっぜん
ロックでも
パンクでもねえよ。
トンガリ続けろよ。


それと。
エストウッドというのは
元夫の姓なのね。
ドイツのメルケル首相と同じ。
よっぽど
気に入ってんのか、
変えるに
変えられなかったのか。
不肖キツネなら、
別れた男の姓なんざ、
名乗りたくないぞよ。
トンガリが足りねえよ。


しっかし寒い。
今のところ毎冬恒例の
しもやけはまだ
現れていないが、
用心に越したことはない。
で。
本日の昼飯は
がらスープに
ニラ1把、
長ネギ1本、
市販の生餃子を
ドドーンと投入して
フウフウ食べる。


脇役はカクテキと
生タマネギのサラダ。
いずれもニオイ強烈。
吸血鬼も思わず逃亡する
魔除けパワー満点じゃ。
うひひひひ。
明朝、
出かける頃には
ニオイも収まってると
思うけど。
もしダメだったら
お会いする皆さん、
事前にゴメンナサイ。
m(__)m

いつもココロに

一度でも
自分のコメカミに
本気で銃口
押し当てた相手を、
今後も信頼できるか?
友情など保てるか?
ましてや。
戦地で友軍として組めるか?
冗談じゃねえ。
ドサクサにまぎれて
背後から撃ってこないとも限らん。
韓国がやらかしたのは
そういうことだ。
国際的に。
人道的に。
紳士的に。
軍=サムライ集団として。


たとえ間違いでも
あってはならないことを
意図的に行った。
殺意満々で刃を向けた。
もはや明確な敵である。
まぁ。
日本のEEZ内で
国旗も軍旗も掲げず
北とナニをヨロシク
やっていたのかは
世界が知るところになろうし、
地球規模で干されることに
なるのは時間の問題だがな。


新月
あいにくの曇天につき、
部分日食は
見られなかったが、
目視できずとも
現象は頑としてある。
いつだって。
お天道様は頭上に輝いてんのよ。
見てんのよ。
ワシらを。
いつもココロに太陽を。


膀胱がん予後の
3ヶ月検診、無事に終了。
次回は4月。
あとは肝臓CT。
たぶん大丈夫。
過去。
卵巣がんすら
サバイバルした
悪運強き不肖キツネじゃ。
ただねえ。
身体の部位で
バラバラじゃなく、
全体を大きな視点で
オーバーホール診療
していただけたなら。


前々っから
繰り返してるけど。
悪しき事柄を
「⚫⚫は⚫⚫の がん」
という形容に
はなはだしく反発を覚える。
特に漢字とカタカナ。
癌。
見るからに不穏。
ガン。
即物的


中には
「癌」が
「ガン」や
「がん」に
比べてツイート上で
1文字稼げるから、
と返信してきた
医療関係者もいたわ。
1文字ねえ。


あのさあ。
何らかを否定したり、
ケチつけたいのはわかる。
が。
その際。
「⚫⚫は⚫⚫のAIDS」とか、
「⚫⚫は⚫⚫の癩病(ハンセン病)」
って言いますか?


自分が複数回経験者だから
かもしれんが、
そういう文章をTwitter
見かけると
一言ツッコまずにはいられん。
誰だって好きで
がんになるんじゃねえんだよ。
今。
現在。
闘ってる人や
共存してる人が
大勢いるんだよ。


まっ。
不肖キツネ
どこまでも生き延びまうす。
まっだまだ
やることがあるから、
生かされてるんでございます。

真冬のサプライズ

そろそろ。
さっすがに。
醤油味系煮物にも
飽きてきたので昼飯は
ひっさしぶりに
スパゲッティを茹で、
クリーム系ソースにて摂取。
週明けにはガッツリ肉も
いっときたいわ。
何せ。
通院通院の日々が
スタートするため
スタミナが欲しい。


イギリスのツイ友より
Yule Giftが届く。
早い話が
クリスマスプレゼント
っつうか、
お歳暮的な。
彼はpagan(非キリスト教徒)
なのでYule(冬至祭)の贈り物。


一度も会ったことがないのに、
もう7~8年近く
ずーっと誕生日や年末には
欠かさずプレゼントを
贈ってくれる。
Tシャツだったり、
パジャマだったり、
アクセサリーだったり。


さて。
今回。
包みから現れたのは
可愛らしいコンパクトミラー。
グリーティングカード
そして。
ぬわんとブルーの水着!
ををををを。
こんな真冬にビキニかよ。


でもうれしい。
早くコレ着て泳げるくらい
元気になれ、
ってことなんだろう。
ありがとう。
過去。
人から大切にされることが
少なかった古ギツネ、
人の情けが身にしみて
ありがたいんです。
ちょっとした一言でも。
笑顔でも。
うぉっしゃあ。
ちと寒いけど明日
試着してみる。
ぐふふふふ。

根菜燃費

三が日も明け、
世間は正気に戻りつつ
あるのかもしれんが、
我が国においては
正気ほど狂気=凶器ではないか。
テメエでテメエを
追い込む天才的な
ストイックお家芸として。
それゆえ。
これなる古ギツネ、
正気には戻りません宣言。
もとよりダブルBPD
(Border/Bipolar)
障害ではあるが、
ポリコレ免罪符は無粋。
単に。
老い先短い人生、
効率よく疾走しようじゃん。
もちろん。
無駄を無駄と知って
遊び倒すのも楽しいのだが。
残念ながら
あんまし時間がねえんだわ。


ゆえに。
音楽も美術も文学も
天才にしか見向きしません。
それ以外は徒労。
荒削りの原石を磨く?
んなもん、
とっくに捨てた。
後世を担う世代で
ヨロシクやってくれや。


年末年始、
御馳走に明け暮れた
方々も少なくなかろうが、
不肖キツネにとっては
年間最も野菜を
摂取しまくる時期である。
特に根菜。
ニンジン、里芋、ゴボウ、
レンコン、大根etc。
あとは豆類キノコ類。
気づけば。
揚げモノ炒めモノは
全然食べてない。
粗食っちゃあ粗食である。


んが。
豆も根菜も
生命力のカタマリよの。
次世代を生む
エネルギーを秘めている。
水っぽい生野菜ばっかり
食ってちゃダメよ。
人類の未来には
貢献しなかったし、
今後もする予定はないが、
せいぜい燃費よく
生き延びようぞ。

「聖地」考

この正月も無事、
三が日のうちに
近所の氏神様に初詣。
お参りできなかったのは
病院で年越しした
1回だけだと思う。
大規模なお社ではないが、
創建900年以上。
ワシら村人にとって
大切なココロの拠りドコロじゃ。
今年は例年より
グッと参拝客が多く、
鳥居前から大・大・大行列。
平成ラストの新年だからか?


ふだんっから
TV(愚民製造機)は
ほとんど見ない
不肖キツネであるが、
年末年始は皆無と
言っていいほど見ない。
薄っぺらな馬鹿騒ぎ
(特に民放)が耐えがたいのだ。
聞くところによると、
某ミュージシャンが
紅白歌合戦にて彼の故郷、
徳島県大塚国際美術館から
中継でパフォーマンス
したそうな。


不肖キツネ、
熱愛する美術館である。
そのユニークな成り立ちは
世界唯一無二、
日本人にしか作り得ない
きわめて特異な存在だ。
過去3回訪れたが、
何度訪れても
決して驚嘆の念は
失せぬであろう。
ただ。
いかんせん徳島は遠い。
熱海ぐらいの距離にあったら、
きっと月イチで通っちゃうね。
http://o-museum.or.jp


今回の紅白で
初めて知った国民も
多いようだが、
懸念されるのが
当該ミュージシャンの
ファンによる
「聖地化」である。
訪問者が増えるのは
美術館にとっても
地元の鳴門にとっても
喜ばしいことだろう。
が。
単なるミーハーが
大挙押し寄せて
美術好きな入場者に
迷惑をかけんで欲しい。
ってか。
もとより不肖キツネの
聖地であった
あの場所を汚すなかれ。
よろしいな。